WindowsでObjective-Cの環境構築

参考にさせて頂いたサイト

以下のサイトから下記5ファイルをダウンロード
GNUSTEP

  • gnustep-system
  • gnustep-core
  • SystemPreferences
  • gorm
  • Calculator

ダウンロードは上から順番にインストール(デフォルトの設定でOK)
全部インストール後PATHが通っているはず。
大事なのは、「C:\GNUstep\etc\profile」の最後に以下を追加すること

export INCLUDE=/GNUstep/System/Library/Headers
export LIB=/GNUstep/System/Library/Libraries
export CFLAGS=’-fconstant-string-class=NSConstantString -enable-auto-import’

テストプログラムの実行
「スタートメニュー」>「プログラム」>「GNUstep」>「Shell」を起動する
Homeディレクトリが「C:\GNUstep\home\になっているので
そこに、プログラムファイルを配置。(ファイル名は、hello.m)


#import
#import

@interface TestClass : Object
- (void) getMessage;
@end

@implementation TestClass
- (void) getMessage {
printf("Hello Objective-C World\n");
}
@end

int main(int argc, char *argv[]) {
id obj = [ TestClass alloc ];
[ obj getMessage ];

return 0;
}

ビルド・実行コマンド

gcc -o hello hello.m -lobjc -lgnustep-base -I $INCLUDE -L $LIB $CFLAGS
./hello.exe

コマンドラインに「Hello Objective-C World」と出れば成功

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。